WhatsApp、「Mac」「Windows」版アプリがリリース

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年05月11日 12時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WhatsAppは、今日利用されているスマートフォン向けチャットアプリで最も人気の高いものの1つだ。ただし、デスクトップで使用するには、ブラウザ経由でウェブアプリを実行する必要があった。

 Facebook傘下のWhatsAppは、ユーザーのモバイル端末と同期するデスクトップ版「WhatsApp」をリリースすることで、このプロセスを合理化した。WhatsAppによると、米国時間5月10日にリリースしたこの新しいデスクトップアプリは、ユーザーのモバイル端末と同期し、携帯電話が手元になくても、友人や家族にメッセージを送信することが可能になるという。

 ブラウザ上のアプリを経由するのとは対照的に、同アプリはデスクトップ上でネイティブに動作することから、ネイティブな通知や便利なキーボードショートカットが利用可能だと、WhatsAppは述べた。

 このデスクトップアプリは、「Windows 8」以降のバージョンか、「Mac OS 10.9」以降のバージョンに対応している。ユーザーはダウンロード後にアプリを開き、スマートフォンでQRコードを読み取ることで端末間を同期する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加