logo

本当にWi-Fi接続できるのか?--熊本地震で開放された「00000JAPAN」を検証

山川晶之 (編集部)2016年04月16日 10時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話キャリア3社は、熊本県で発生した大規模地震に伴い、各社の公衆Wi-Fiを無償で開放した。


携帯キャリア3社は、熊本県内の公衆Wi-Fiを無償開放した。写真は大型ショッピングセンター「ゆめタウン」で統一SSID「00000JAPAN」に接続した様子

 各社の説明では、提供するWi-Fiスポットで統一SSID「00000JAPAN」が出現。これを選択すると、キャリアのユーザーでなくともインターネットに接続することができるとしている。Wi-Fiスポットのエリアは各社サイトから確認できる(ドコモKDDIソフトバンク)。

 今回、熊本県在住の一般の方に、00000JAPANが実際に運用されているのか、ブラウジングなども利用可能か確認をお願いした。結論からすると、コンビニだけでなく各種施設でも利用することができ、インターネットから情報を収集するのには十分な速度が出ているようだ。

 実際に00000JAPANを確認したのは、熊本県熊本市中央区内のローソンと、ソフトバンクショップ、熊本県上益城郡内のローソンのほか、熊本と県境にある福岡県大牟田市の大型ショッピングセンター「ゆめタウン」。SSIDは、Wi-Fiスポット一覧の上位に表示され、すぐに探し出すことができたようだ。

  • 熊本県熊本市内のローソンで「00000JAPAN」に接続した様子

  • 「00000JAPAN」のスポット詳細。通信インフラ提供を最優先にするため、セキュリティはかけられていない

  • 今回、iOS/Androidスマートフォンで接続を確認した

熊本県内のセブンイレブンでは、「docomoWi-Fi」のSSIDらしきものが確認できるが、「00000JAPAN」は利用できなかったようだ。一方「7SPOT」には接続できた
熊本県内のセブンイレブンでは、「docomoWi-Fi」のSSIDらしきものが確認できるが、「00000JAPAN」は現れなかった。一方「7SPOT」には接続できた

 接続はiOS/Androidスマートフォンで確認。ブラウジングのほか、TwitterやLINEなどもスムーズに利用できたようだ。また、スポットごとの差異もあるが、接続スピードも十分で、NHK NEWS WEBの視聴にも利用できそうだ。ラジオやテレビチューナーを内蔵していないiPhoneでも、NHKの地震情報を入手できるのは大きな意義がある。

 今回、検証をお願いした方によると、「docomoWi-Fi」が提供されているセブンイレブンでは「0000docomo」というSSIDは確認できたものの00000JAPANは表示されなかったという。こちらは熊本県熊本市内と熊本県玉名市内3店舗での確認なので、店舗によっては利用できる可能性もある。

 こうした違いはあるものの、多くの施設において無償でインターネット回線が利用できるこの取り組みは、災害時のインフラとして大きな役割を担っているようだ。

-PR-企画特集