logo

サイバーエージェント、記事の話題性を自動解析するレコメンドエンジンを外部に開放

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2016年04月13日 18時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントのコンテンツマーケティング専門組織であるエディトリアルアドスタジオは4月13日、自社開発したコンテンツレコメンドエンジン「A.J.A. Recommend Engine(アジャ レコメンド エンジン)」の、外部提供を開始したと発表した。

 A.J.A. Recommend Engineは、ユーザーの興味関心や行動、見ている記事の特徴、記事の話題性などを自動で解析し、関連したコンテンツを表示するソリューション。ユーザーのコンテンツ間の回遊性を高め、メディアの継続的な成長を促進するとしている。


「A.J.A. Recommend Engine」 概要

 同社によると、自社メディアなどで蓄積された膨大な量のユーザー行動データや、累計蓄積数20億件を超えるブログ・キュレーションメディアの記事を元に開発した日本語解析技術、機械学習機能などを組み合わせた独自の配信ロジックにより、高精度なレコメンドを実現しているという。

 サイバーエージェントの広報によると、「Ameba」「Spotlight」「by.S」などの自社メディアにA.J.A. Recommend Engineを導入したところ、回遊率が114%に向上したという。今後は、大手ポータルサイトや大手新聞社のニュースサイトなど外部メディアにも開放し、2016年内で100メディアへの導入を目指すとしている。

-PR-企画特集