logo

アップル、旧製品で告知なくBluetooth 4.2に対応--「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」など

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年10月13日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」「iPad Air 2」「iPad mini 4」を告知なくアップデートし、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)に適したBluetoothバージョン4.2に対応した。

 Appleは、これらの製品がBluetooth 4.2に対応したことを公式には発表していない。だが、9月に「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を発売して以降、同社はどこかの時点で製品比較ページを更新し、一部の製品が最新バージョンのBluetoothに対応したことを記載した。

 最新のiPhone 6sとiPhone 6s Plus、それに最近発表された「iPad Pro」は、出荷当初からBluetooth 4.2に対応しているが、iPhone 6やiPhone 6 Plusが出荷時に対応していたのはBluetooth 4.0だった。

 AppleのiPhone比較ページによれば、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、およびiPhone 6 PlusがBluetooth 4.2に対応している。一方、「iPhone 5s」はBluetooth 4.0対応のままだ。

 同様に、「iPad」の比較ページを見ると、iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4はBluetooth 4.2に対応するが、「iPad Air」と「iPad mini 2」はBluetooth 4.0対応のままであることが分かる。

 新しいバージョンのBluetoothへの対応は、いくつかのメリットをもたらしてくれるだろう。最も注目すべきは、データ転送速度が古いバージョンより2.5倍高速になることだ。

 Bluetooth Special Interest Group(SIG)がバージョン4.2を正式に採択したのは2014年12月のことだ。Bluetooth SIGの当時の説明によれば、速度の向上に加えてプライバシー機能が強化されたため、店舗内のビーコンは、ユーザーの許可がなければデバイスの追跡ができなくなるということだった。

 IoTの面についてだが、Bluetooth 4.2はIPv6をサポートするため、低電力無線通信の標準規格である6LoWPANを介してスマートセンサーがインターネットに接続できるようになる。

 複数の記事が示唆しているように、Appleはファームウェアの更新によってBluetooth 4.2に対応したのかもしれない。ただ、Appleはスペックシートを更新したが、最新バージョンのBluetoothに対応したからといって、Bluetooth SIGの挙げるメリットが得られるかどうかは分からない。そのような機能は新しいハードウェアに依存するかもしれないからだ。

 AppleInsiderはiPhone 6とiPhone 6 Plusのモデル番号が変わっていないと報じているが、そうすると、Appleはモデル番号を変更しないまま、「iOS 9」のBluetooth関連部分を変更したか、あるいは新しいチップを組み込んだ可能性がある。もしそうなら、一部のiPhone 6では以前に出荷された製品よりも高速なデータ通信が可能だということになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集