logo

アマゾン、「Apple TV」「Google Chromecast」を販売禁止に--「Prime Video」に関連しての措置

Ben Fox Rubin Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年10月02日 07時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE  Amazonは、AppleとGoogleの動画ストリーミング機器を同社サイトで販売することを禁止する。主要な競合企業である2社に対して優位な立場を築くための動きである可能性がある。

 Bloombergの記事によると、世界最大のオンライン小売業者であるAmazonは、同社マーケットプレイスの販売者宛てに電子メールを送付し、「Apple TV」とGoogleの「Chromecast」の販売を廃止すると伝えたという。新たな出品は許可されず、在庫はすべて米国時間10月29日に削除されるという。

 Amazonの広報担当者は、同社の「Prime Video」サービスに関連する変更だと述べた。Prime Videoは、AppleやGoogleの機器上では簡単には利用できない。

 Amazonの広報担当者は1日、「この3年間で、Prime Videoは『Prime』の重要な要素になった」と米CNET宛ての電子メールで述べた。「顧客の混乱を避けるために、われわれが販売するメディアストリーミングプレーヤーは、Prime Videoに適切に対応することが重要である」(Amazon広報担当者)

 今回の新たな禁止は、小売業者が最も収益を上げるクリスマスシーズンを目前に控えた時期に実施される。クリスマスシーズンの購買活動を見込んで、AppleとGoogle、そしてAmazonも9月、それぞれの動画ストリーミング機器をアップデートした。Amazonは、「Fire TV」というブランド名で一連のストリーミング機器を製造している。

 本件に詳しい情報筋によると、AmazonによるChromecast販売禁止は世界規模で、旧式モデルを含むすべてのChromecast機器が対象になるという。Googleの動画ストリーミングボックス「Nexus Player」も、Amazonのサイトから削除される予定だ。

-PR-企画特集