logo

スマホ向けCPI型広告配信「GMO SmaAD」が刷新--独自のディープリンク機能

井指啓吾 (編集部)2015年10月01日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMO TECHは10月1日、スマートフォン向けCPI(Cost Per Install)型広告配信サービス「GMO SmaAD」を刷新した。独自のディープリンク広告機能を実装。アプリ保持者であればディープリンクで特定のコンテンツへ誘導、アプリ未保持者であればCPI型広告としてアプリダウンロードページに誘導と、自動で振り分けるという。


独自のディープリンク広告の活用イメージ

 管理画面では、ユーザーの動向継続率の計測レポートを新たに表示する。また、媒体主向けにユーザー管理機能を追加し、広告の掲載拒否機能を強化。広告主向けには、流入元別に各種KPIを計測し、プロモーション効果を計測する機能を実装した。


新しい管理画面

-PR-企画特集