logo

ボーイング、無人航空機を撃墜する可搬式レーザー兵器を披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Boeingは、無人航空機(Unmanned Aerial Vehicle:UAV)を撃墜する可搬式レーザー兵器「Compact Laser Weapons System」を開発した。紛争地帯でUAVの活動を阻止するだけでなく、一般の飛行場で航空機の離着陸を妨げるドローンの飛行を抑制することにも使えるという。


対UAV用の可搬式レーザー兵器(出典:Boeing)

 Compact Laser Weapons Systemは、冷却ユニット、バッテリユニット、レーザーユニット、ビーム照射ユニットの4つを自動車などで運び、現場で組み立てて使う構成。トラックサイズの専用車両に組み込まれていた大きな従来システムに比べ、より簡単かつ目立たずに移動できる。


移動させやすいコンパクトな構成(出典:Boeing)

従来システムはトラックサイズ(出典:Boeing)

 組み立ては2人でするが、操作は1人で可能。


2人で組み立てる(出典:Boeing)

 数百m離れた地点からUAVを狙い、出力2kWのレーザーを照射して燃やすことで飛行不可能にする。発射音などが発生しないため、相手はなぜ墜落したかわからないという。


レーザーで燃やす(出典:Boeing)

-PR-企画特集