logo

KDDI、写真やアドレス帳を保存できる「データお預かりアプリ」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラーは、4月23日以降に発売するスマートフォンとタブレット向けに、写真や動画、アドレス帳などのデータを「auスマートパス」サーバやmicroSDカードに保存できる「データお預かりアプリ」(iOS/Android)の提供を開始した。

 対象データは、アドレス帳、写真、動画、ブックマーク、カレンダー、Eメール (@ezweb.ne.jp)、SMS、インストールアプリの一覧、アプリ配置、発着信履歴、ユーザー辞書、Wi-Fi設定、壁紙、着信音、通知音設定の15種類。

 ただし、iOSデバイスで保存できるデータは、アドレス帳、写真、動画、カレンダーのみ。au回線未登録のau IDを使用する場合は、アドレス帳のみが対象となる。通常、auスマートパスサーバへの保存は1Gバイトまでとなるが、「au スマートパス」会員であれば50Gバイトまで利用できる。


「データお預かりアプリ」利用イメージ

 対象機種は、4月23日以降に発売するAndroid 5.0以上を搭載したauスマートフォン/auタブレット。iOS6.0以上搭載のiPhone/iPad。iOSデバイス向けのアプリは、5月中旬以降に対応予定。

-PR-企画特集