logo

「Windows 10」用に開発中とされるMSの新ブラウザ「Spartan」にさらなる噂 - (page 2)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年01月09日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NeowinのBrad Sams氏は1月7日に、同氏が実際に目にしたという本物のSpartanの初期バージョンのスクリーンショットに基づいて作り上げた画像を投稿している。

 またSams氏はSpartanが「Windows 8」の一部である「モダンUI」のIE、すなわち「Windows Store」スタイルや「Metro」スタイルと呼ばれるバージョンのIEを置き換えるだろうとも伝えている。The VergeのWarren氏は、SpartanがWindows Storeアプリとなり、同ストアから実際にダウンロード可能になるという話も聞いていると報じている。

 先ごろの記事にも書いたように(にもかかわらず、多くの報道やブログに正しく伝わっていないのだが)、MicrosoftはIEを廃止してSpartanに置き換えるわけではない。IEは、必要な人向けのオプションとして、Windows 10搭載のPCやデスクトップに提供される。一方のSpartanは、Windows 10のPC、デスクトップ、タブレット、携帯電話にインストール可能になる。

 ちょっとした余談だが、Spartanが描画エンジンとして(「Webkit」といった他の選択肢ではなく)「Trident」を使い続ける理由には、サイトの互換性を向上させるという目的もある。Spartanは、古いバージョンのIE向けに記述されているサイトを検出した場合、Tridentを用いてIEと同様の描画が可能になると筆者の情報筋の1人は語っている。

 Microsoftは、1月21日にレドモンドで開催するWindows 10のプレビューイベントで、Spartanの情報をある程度まで披露する可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]