ソフトバンクがジーニーに出資--ネット広告事業を強化

藤井涼 (編集部)2014年10月14日 18時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルとジーニーは10月14日、業務提携をしたことを発表した。これにともない、ソフトバンクはジーニーに対して32.9%を出資する。出資は、ソフトバンクの子会社であるSB Pan Pacific Corporationを通じて実施されるという。

 ソフトバンクモバイルは、ジーニーの協力のもと11月よりSSP(Supply-Side Platform)事業を開始し、ソフトバンクグループのインターネット広告事業を強化するとしている。

 広告主は、ソフトバンクグループ企業が持つさまざまなネットサービス上の広告媒体に対して、RTB(Real-Time Bidding)による広告枠の買い付けが可能になり、従来以上にリアルタイムかつ効率的にユーザー属性に合わせたネット広告を配信できるようになるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加