logo

介護分野の成長が視野に--拡大が見込まれるロボット市場

ZDNet Japan Staff2014年08月29日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本はロボット王国だ。米国映画に出てくる未来ロボットに「日本製」という設定が多いのは、日本のロボット技術の高さが世界的に認知されているからだ。

急成長が見込まれるロボット市場

 株式市場では、モノを製造する産業用ロボットよりも、サービスを提供するサービスロボット(次世代ロボット)への注目が高くなっている。産業用ロボット市場も引き続き成長するが、サービス・ロボット市場はそれを上回る速度で拡大すると見込まれている。


出所:経済産業省の独立行政法人新エネルギ0139ー・産業技術総合開発機構(NEDO)
「平成22年度ロボット産業将来市場調査」)

 上の表の、「製造分野」は産業用ロボットを、「サービス分野」はサービスロボットを表します。「ロボテク製品」とは、ロボット技術を使って動く機器(自動運転システムなどロボット形状を取らない)のことだ。ロボテク製品も広義のサービス・ロボットと考えることができる。

 現在の日本のロボット市場は1兆円弱と推定されるが、NEDOの予測ではそれが2020年までに2.9兆円、2035年までに9.7兆円に拡大する。

なぜサービス・ロボットが重要か

 これまでロボットというと、ほとんど産業用ロボットのことだった。自動車や機械の組み立て工場で、産業用ロボットが目にも止まらぬ速さで、正確に製品を組み立てている。あの速さ、正確さは、とても人間にできることではない。

 日本の産業用ロボットは、既に世界中の工場で使われている。人件費が高騰する新興国で、省力化投資の切り札となるだけでなく、製品の品質向上にもロボットは欠かせない。今後世界中で産業用ロボットへの投資拡大は続くと考えられる。

 ただし、産業用ロボットだけでは、ロボット産業の将来は限られる。「モノ」を生産しているだけでは、高い付加価値を得られない時代になってきているからだ。

 「モノ」は一時的に人気が出て不足することがあっても、しばらくすると人類が獲得した圧倒的な量産技術を駆使して、大量に安く作られるようになる。そのころにはブームが去って、在庫の山ができて、価格が暴落する。ハイテク製品は常にその運命を繰り返してきた。

 そんな時代にあって、需要がどんどん増えるのに、まったく供給が間に合っていないものがある。それは、良質の「サービス」だ。医療、介護、教育、防犯、防災、共働き世帯の家事、育児支援……。需要の拡大に供給が追い付いていない分野を数えればきりがない。サービスが不足する理由は、これまでサービスが大量生産できなかったからだ。サービスの供給量を2倍にするのに、人員が2倍必要では大量供給はできない。

ロボットと人間の協業に無限の可能性

 かつて、人間と同じ「心」や判断力を持ったロボットが作る夢が語られたことがあった。残念ながら、それは不可能だ。相手の声が怒りを含んでいたら、悲しそうに「申し訳ありません」、相手の声がうれしそうだったら、笑顔で「よかったですね」みたいに応対するロボットは簡単に作れる。

 ただし、そのロボットは、あくまでも人間が作ったプログラムの範囲でしか対応ができない。きめ細やかな心遣いや臨機応変の対応力が必要な医療や介護を、ロボットだけに任すことは不可能だ。

 半面、ロボットには人間にない能力があるのも事実だ。警備ロボットが居眠りすることはない。介護ロボットは通常の人間にないパワーを持つ。人間とロボットが協業することで、良質なサービスの大量生産に道が開けるだろう。

 介護・警備・清掃・受付など人間とロボットが協業することで、素晴らしく効率が上がる分野はたくさんある。高所の窓ガラス拭きや、被災地の救助活動など、危険をともなう作業は、ロボットとの協業がいちはやく進むと考えられている。

-PR-企画特集