logo

ソフトバンクのロボット専門子会社が事業開始--開発スピードを強化

井指啓吾 (編集部)2014年08月01日 15時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクが7月24日にロボット事業の専門会社として設立したソフトバンクロボティクスは8月1日、ソフトバンクモバイルから譲り受けたロボット事業を開始したと発表した。

  • 6月5日、ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は「Pepper」を発表した

 6月に人型ロボット「Pepper」を発表したソフトバンクは、2015年2月の一般販売に向けて開発を進めている。ソフトバンクロボティクスは、これを加速させるために設立された。

 Pepperは、会話ができる人型のロボット。人の表情や声のトーンなどから感情を読み取り、その情報をネット上に蓄積。複数台の情報を集約するクラウドAIで学習することが特長だ。本体価格は19万8000円。現在はソフトバンクショップ銀座店や表参道店などに配備され“接客”をしている。

-PR-企画特集