logo

ToDoリスト管理の「Wunderlist」がバージョンアップ--パブリックリスト機能を追加

坂本純子 (編集部)2014年08月01日 15時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ToDoリスト管理アプリとして知られる「Wunderlist(ワンダーリスト)」の最新バージョン「Wunderlist 3」が国内でも公開された。

Wunderlist 3
Wunderlist 3

 Wunderlistは、iOS、Mac、Android、Kindle Fire、Chrome OSとウェブに対応し、あらゆる端末からToDoリストを共有できるのが特長だ。Windows 8とWindows Phone 8版も間もなくリリース予定という。

 今回のアップデートで新たにパブリックリスト機能が追加され、オンラインでToDoリストを作成、発見、共有できるようになった。リストを公開するとすぐに、Twitter、Facebook、Google+、メールで共有でき、ブログやウェブサイトに埋め込むことも可能だ。例えば「ヨーロッパ旅行に最適なパッキングリスト」を作成したらTwitterに投稿したり、ブログで紹介したりできる。オンラインでお気に入りのパブリックリストを見つけたら、「Wunderlistに追加」ボタンをクリックするだけで自分のWunderlistに保存できる。

 また、新しいデザインに加え、ToDoリストを共有している家族、友人、同僚との瞬時のやり取りや共同作業を可能にする「リアルタイム同期」機能も追加。普段の生活に合わせて、すべてのリスト上のコメント、アップデートがすぐに、全デバイスに同期される。このほか60項目以上の改良をはじめ、全面的に再設計されたアーキテクチャにより大きく進化したという。

 6Wunderkinderの創業者兼CEOで、Wunderlistの開発者でもあるクリスチャン・レーバー氏は、「Wunderlist 3では、ユーザーが世界中のリストの中から他のユーザーの情報を見つけ、そこから有益な情報を得られるようなプラットフォームを導入した。好きな人との買い物リストの共有や、ハワイのお気に入りのレストランのパブリックリスト作成が、これまで以上に簡単になった」とコメントしている。

 Wunderlistは現在、世界で800万のユーザーを持ち、累計4億5000万のToDoリストが作成されているという。

-PR-企画特集