logo

アジア進出する日本企業向けの多言語社内SNS「Tascade」

藤井涼 (編集部)2014年07月08日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Asia Plusは7月8日、多言語に対応した社内向けSNS「Tascade(タスケード)」の提供を開始した。まずは、近年日系企業の進出が盛んなベトナムに現地法人を持つ企業を中心に提供していくという。

 Tascadeは、社内の情報や知識を多言語で共有できるSNS。各自のタスクやレポートをリアルタイムに共有できる「情報共有機能」や、動画やパワーポイント、クイズなどの教材を作成・共有できる「Eラーニング機能」、特定のグループ内でレポートを送れる「レポート機能」、スタッフの意見などを収集してグラフで確認できる「アンケート機能」などを備える。

 言語は日本語、英語、ベトナム語に対応しており、今後はインドネシア語やタイ語にも対応する予定。基本機能は無料で利用でき、ストレージの容量や作成できるグループ数を増やしたい顧客のために有償版も用意するという。


サービスのイメージ

-PR-企画特集