logo

ドコモ、新会社に機能を集約--グループ再編で26社を13社へ

井指啓吾 (編集部)2014年05月14日 07時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは5月13日、事業再編のため、100%出資の子会社としてドコモCS(ドコモシーエス)を7月1日に設立すると発表した。ドコモの子会社25社が現在担っている代理店支援業務や法人営業、通信ネットワークの建設や保守業務などをドコモCSに集約させる。この再編後、ドコモグループは現在の26社から13社にまで減る。

  • 事業再編でグループ26社が「13社」に

 ドコモCSはグループ9社を全国に展開予定で、ドコモCS(東京・赤坂)に加え、ドコモCS北海道(札幌市)、ドコモCS東北(仙台市)、ドコモCS東海(名古屋市)、ドコモCS北陸(金沢市)、ドコモCS関西(大阪市)、ドコモCS中国(広島市)、ドコモCS四国(高松市)、ドコモCS九州(福岡市)を各地域に設立する。

 また、現在のドコモの子会社25社における有期の契約社員などの中から約800人を正社員(エリア基幹職)として4月に採用。各地域のドコモCSをはじめとする子会社各社に配属し、各スペシャリストとして専門スキルを向上させるという。

 ドコモは新会社設立の目的を、「サービス基盤である業務について、ユーザーと販売代理店に対して直接的に一気通貫で対応し、各オペレーション業務を包括的に実施するため」と説明している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]