logo

アップル、「MacBook Air」をアップデート--1.4GHz「Core i5」搭載

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年04月29日 20時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、新たにアップデートされた「MacBook Air」を発表し、同社の超薄型ノートブックを高速化するとともに価格を下げた。

 アップデートは、Intel製「Haswell」CPUを中心に実施されており、11インチベースモデルでは1.4GHzデュアルコア「Core i5」プロセッサ(これまでは1.3GHzを搭載)により高速化が図られている(追加の150ドルによって、1.7GHzデュアルコア「Core i7」が搭載可能となっている)。

 Haswellプロセッサと「OS X 10.9 Mavericks」に搭載されたバッテリ節電機能により、MacBook Airでは、1日中使えるほどのバッテリ持続時間が実現されており、13インチMacBook Airのバッテリ持続時間は12時間となっている。

 新しいMacBook Airに搭載されていない機能としては、MacBook ProやMac Proで搭載されている「Thunderbolt 2」ポートがある。

 ベースのRAMは、全MacBook Airモデルで4Gバイトのままで、オプションとして100ドルで8Gバイトに増やすことが可能だ。

 GPUにも変わりはなく、Intelの「HD Graphics 5000」を採用している。

提供:Apple
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]