英国諜報機関、ドイツのインターネット企業を監視か

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年03月31日 14時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年にEdward Snowden氏が報道関係者に暴露した、米国家安全保障局(NSA)の機密文書に基づく新たな報道によると、英国の諜報機関である政府通信本部(Government Communications Headquarters:GCHQ)がドイツのインターネット企業にスパイ行為を行っていたという。同報道はさらに、Angela Merkel独首相を監視するNSAの取り組みについてもさらなる情報を伝えている。

 この報道は、独誌Der Spiegelが掲載したもので、リークされた一部文書を引用して、英国のGCHQが「ドイツの主要な衛星IPサービスプロバイダーに関する専門知識を深める」ことを模索していたとしている。同誌の言葉を借りると、GCHQは「ドイツを経由するインターネットトラフィックに関する知識の幅を広げること」を目論んでいたという。

 対象となった企業には、Stellarなどが含まれる。同社は地上局および専用の衛星通信容量を利用して、難民キャンプ、石油掘削プラットホーム、および企業や国際機関の海外支局などの遠隔地向けにインターネットや電話サービスを提供している。

 GCHQは、インターネットトラフィックの監視に関心を持っていただけではない。Der Spiegelの記事によると、GCHQは「ドイツの通信ネットワークプロバイダーの重要顧客や、提携する技術サプライヤー、さらにはそれらの事業分野における将来的な技術動向を見極める」ことも望んでいたという。また、GCHQは企業の従業員、特に技術者を監視の対象にしていたという。

 同記事ではさらに、NSAが「重要度の高い対象者について収集した情報をマシンで自動管理」していたと説明するとともに、Snowden氏提供の文書の一部に言及し、「Nymrod」という自動名前認識システムにより、Merkel首相に対する約300件の引用集が生成されたとしている。

 これらの文書には、1年前にNSAのSpecial Sources Operations部門(光ファイバケーブルや他のインターネットバックボーン構造へのアクセスを確保する業務を担当する部門)が作成した報告書も含まれているようだ。この報告書には、米国時間2013年3月7日に米外国情報活動監視裁判所(FISC)がNSAに対し、「ドイツ」を監視する権限を認めたことが示されている。

 Der Spiegelの記事は、NSAとその協力機関がその権力を行使して、(これらの機関はいずれも否定しているが)経済スパイを働いたのかどうかという疑問を再び提起するものだ。さらに、米国企業に対する海外からの評価(や収益)に新たな汚点を加える可能性もあり、一部の人々は、これらの企業がNSAから恩義を受けたのではないかと懸念している。


Barack Obama米大統領とEdward Snowden氏の巨大な模型を載せた山車。3月、独デュッセルドルフにおける恒例のRose Mondayパレードで。
提供:Patrik Stollarz/AFP/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加