logo

「Google I/O 2014」、米国時間6月25日より開催--参加申込方法も変更へ

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2014年02月20日 10時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年の「Google I/O」カンファレンスが、サンフランシスコで米国時間6月25日から26日に開催されることを、GoogleのSundar Pichai氏が19日にツイートで明らかにした

 「Android」、「Chrome」、および各種アプリの事業を統括するPichai氏が「Google+」への投稿で述べたところによると、2014年のGoogle I/Oは例年通りMoscone Westカンファレンスセンターで開かれるものの、開発者の参加申込方法を変更し、「申込の受け付けが始まった瞬間に急いで手続きをしなくても済むようにする」という。

 今回導入される新しいシステムでは、開発者がGoogle I/Oへの参加に「興味がある」旨を事前に登録すると、当選者が無作為に選ばれるようになる。Pichai氏によれば、3月にさらなる情報が明らかになるとのことだ。

 2013年のGoogle I/Oは5月中旬に開催された。このカンファレンスは、Googleの人気製品や非常に注目度の高い製品を発表する場となっており、過去には、「Nexus 7」タブレットが披露されたほか、2012年には、エクストリームスポーツを利用した「Google Glass」のデモが行われた。Google Glassは、2014年のGoogle I/Oに向けて一般販売の準備が進められているのではないかとうわさされている。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集