クックパッドが世界展開に本腰--スペインと米国のレシピサイトを買収

藤井涼 (編集部)2013年12月20日 19時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クックパッドは12月20日、スペインのレシピサービス「Mis Recetas」の事業譲受けと、米国のレシピサービス「allthecooks」を運営するALLTHECOOKSの持分取得(孫会社化)を発表した。ただし、すぐにサービス間の連携などをするわけではなく、当面はクックパッドがレシピサイトで培ったノウハウを両サービスに共有することで、さらなる成長を目指すとしている。

  • 「Mis Recetas」

 スペインのMis Recetasは、ユーザー投稿型のレシピサービス。月間ユーザー数は約600万人で、このうちの約7割がメキシコやアルゼンチンなど、スペイン以外の国からのアクセスとなっている。また、スマートフォンアプリもスペイン語圏17カ国のApp Store「フード/ドリンクカテゴリ」ランキングで1位を獲得しているという。クックパッドでは、今後設立する予定のスペインの子会社COOKPAD Spainによって、ITYIS SIGLO XXIからMis Recetasを譲り受けるとしている。買収金額は約11億1500万円。

  • 「allthecooks」

 米国のallthecooksは、2012年12月にリリースされたレシピサービスで、約1年でスマートフォンアプリの月間ユーザー数が100万人まで拡大し、Google Playの「Recipe apps カテゴリ」ランキングで1位を獲得している。クックパッドの米国子会社であるCOOKPADが、allthecooksの運営会社であるALLTHECOOKSの持分すべてをMufumbo Labsから取得することで、クックパッドの孫会社にする。買収金額はアーンアウト方式により約5億1200万円と、ALLTHECOOKSの将来の業績達成度合いに応じて確定する追加代金(最大約5億1200万円)の合計額となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加