logo

バンナム、PS3「テイルズ オブ ゼスティリア」を発表--シリーズ20周年記念作

佐藤和也 (編集部)2013年12月13日 12時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコゲームスは12月12日、都内で「テイルズ オブ」シリーズ20周年記念タイトル制作発表会を開催。そのなかで、PS3用ソフトの新作「テイルズ オブ ゼスティリア」を発表した。発売日と価格は未定。

 テイルズ オブシリーズは1995年に第1作目「テイルズ オブ ファンタジア」から続く人気シリーズで、シリーズ累計出荷本数は世界で1600万本を突破している。本作は2015年にシリーズ20周年を迎えることを記念したマザーシップタイトルと位置づけている。

  • バンダイナムコゲームス 代表取締役社長の大下聡氏。「世代を越えた、愛されるたコンテンツに育てていく」とコメント

  • ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア プレジデントの河野弘氏はビデオメッセージとして「日本を代表するコンテンツに」と期待を寄せる

  • プロデューサーを務めるバンダイナムコスタジオの馬場英雄氏

 プロデューサーを務めるバンダイナムコスタジオの馬場英雄氏は、本作について情熱や熱意の意味を持つ「Zest」(ゼスト)をタイトル名に含んでいることに触れ「何かを成し遂げるために強い意志や熱意を、登場するキャラクタを通じて届けたい」としている。そして、シリーズ15周年記念作「テイルズ オブ エクシリア」のときと同様に原点回帰を意識しているとし、シリーズの特徴でもある豊かな物語とキャラクターを見せつつ、何かを考えるきっかけになればと語っていた。

 また、これまでのシリーズではあまり扱っていなかったという、ファンタジー世界の象徴的な生物“ドラゴン”も、本作ではロゴにあしらうほど象徴的に扱い、重要な存在になるという。

  • タイトルロゴ

  • 開発中のゲーム画面イメージ

  • (C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)NAMCO BANDAI Games Inc.

  • 本作ではふたつの勢力が支配権を争う「ブリンウッド」を舞台にして描かれる

  • このグリンウッドでは、天族と呼ばれる人間には見ることも触ることもできない存在が、自然現象などに影響を与える言い伝えがあるという

  • 物語の象徴して描かれるドラゴン

 キャラクターデザインには、シリーズではおなじみとなっているいのまたむつみ氏と藤島康介氏に加え、「テイルズ オブ エクシリア2」を手がけた奥村大悟氏、「レディアントマイソロジー」シリーズを手がけた岩本稔氏の4人で担当。またアニメーションムービー制作はufotableが手がけるという。

 会場ではメインキャラクターで、主人公のスレイとアリーシャを公開。声はスレイを木村良平さん、アリーシャを茅野愛衣さんが担当する。木村さんはキャスト陣がプライベートでも演技について語り合ったこと、茅野さんは、キャスト陣が一緒になって掛け合いをしながら収録するスタイルがゲーム収録では珍しく普段より心強かったと、それぞれに振り返っていた。

  • 本作の主人公であるスレイ

  • ヒロインのアリーシャ

  • キャラクターの声を担当するスレイ役の木村良平さん(左)と、アリーシャ役の茅野愛衣さん(右)

 最後に馬場氏は「ファンの期待に応えられるような、新しい体験ができるようなゲームにして、シリーズの新たな第一歩を踏み出せるような作品にしたい。これからの展開についても期待をしてほしい」とアピールした。

-PR-企画特集