logo

Instagram、「Windows Phone」向けアプリをリリース

Sarah Mitroff (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2013年11月21日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 非常に待ち望まれていた「Windows Phone」向けの公式「Instagram」アプリが、米国時間11月20日に登場した。

 MicrosoftでWindows Phone担当シニアマネージャーを務めるCasey McGee氏によれば、InstagramはWindows Phoneのユーザーから最も多くのリリース要望が寄せられていたアプリの1つだったという。

 ただし、このアプリはまだベータ版で、動画の録画もアップロードもできない。また、ジオタグやフォトマップ機能もなく、写真に写っている人たちにタグを付けることも不可能だ。さらに、Instagramによれば、ユーザーはカメラロールから写真をアップロードすることはできるが、アプリ自体を使って写真を撮ることはできないという。この機能が欠けていることはかなり大きく、Windows Phone向けアプリは他のプラットフォーム向けアプリと比べて大幅に後れを取っていると言える。ブログでの説明で、同社はできるだけ早くアプリを出したいと考え、そのために主要機能(写真のアップロードとフィルタの適用)のみに注力せざるを得なかったとしている。同社は米CNETに対し、このアプリはまだベータ版だと述べている。

 Windows Phoneユーザーにとってもう1つの朗報は、ナビゲーションアプリの「Waze」がWindows Phoneのアプリストアに登場したことだ。Googleが2013年6月に買収したWazeは、道路状況に合わせてリアルタイムで情報が更新されるGPSナビゲーションを無料で提供している。このアプリでは、事故や渋滞といった道路上のトラブルをユーザーから報告してもらうことによって、アプリを利用する全ユーザーが正確で実用的なルートを見つけ出せるようにしている。

提供:Instagram
提供:Instagram

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集