logo

「OS X Mavericks」、北米で「Mac」全体の5.5%に早くも導入--Chitika調査

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月25日 10時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間10月22日に無料でリリースされたAppleの「OS X Mavericks」アップデートは、北米で既に全「Mac」の5.5%にインストールされており、その割合は急速に拡大している。

 これは、広告ネットワークのChitikaが発表した情報だ。Chitikaによると、リリース後の最初の24時間におけるOS X Mavericksの普及率は、2012年の「OS X 10.8」(開発コード名:「Mountain Lion」)アップデート時の3倍に上ったという。


提供:Chitika

 これには、1つの単純な理由がある。Appleによると200を超える新機能をMacにもたらすというOS X Mavericksは、無料で提供されている。これはAppleにとって初めてのことだ。

 北米のウェブサイトにおける数百万の広告インプレッションを基に算出されたChitikaの数字は、リアルタイムトラッカーを持つGoSquaredが発表した普及率11.6%の半分以下となっている。Appleは過去のリリース時と同じように、早ければ今週にも正式なダウンロード件数を発表する可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集