logo

「RISING EXPO 2013」--優勝に輝いたのは「ツイキャス」運営のモイ

岩本有平 (編集部)2013年09月06日 19時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)が9月6日に開催したIT系スタートアップ向けのイベント「RISING EXPO 2013」。

 スタートアップ15社がしのぎを削ったプレゼンバトルで見事に優勝を果たしたのは、ライブ配信サービス「ツイキャス」を提供するモイだった。同社は200万円の賞金を獲得した。

 モイは代表取締役を務める赤松洋介氏の別会社、サイドフィードから事業を分割する形で2012年2月29日に設立された。

 サイドフィードの一事業として2年間サービスを展開してきたツイキャスだが、ユーザーローカル代表取締役社長の伊藤将雄氏がサービスに出資したいと話したことをきっかけに分社化の検討を開始。サイドフィードの事業を整理しつつ、ツイキャスに注力する体制を作ってきた。

 ツイキャスのメインユーザーは学生。そのため夏休みシーズンとなる7〜8月にユーザー数は急増。現在325万人のユーザー数を誇っている。

 今後の展開については、「出資を受けていることもあり、最終的には上場を目指したい。だが、いい話があれば(バイアウトに)流れる。重要なのは創業者利益ではなく、サービスが守られてユーザーが幸せなこと」(赤松氏)としている。また、今後は大々的な海外進出に向けた準備も進めているとのことで、年内にも次の資金調達を目指すとしている。


モイ代表取締役の赤松洋介氏(中央左)をはじめ、今回の登壇者ら

-PR-企画特集