logo

ソニー、米サードポイントからの提案に返信--エンタメ事業は100%所有し続ける

加納恵 (編集部)2013年08月06日 10時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月6日、米投資会社サードポイントから提案されていたエンターテインメント事業の分離上場提案に対し、今後も同事業を100%所有し続けると返信書簡を発信したと発表した。

 これは同日の取締役会にて決定したもの。ソニーの社長兼CEOの平井一夫氏は「私がCEOに就任して以来、数多くの変革を断行してきたが、これによりソニーは正しい軌道に乗っていると考えている。エンタテインメント事業はソニーの戦略に不可欠な事業であり、成長の重要な原動力である」とコメントしている。

 ソニーでは、エンターテインメント事業の業績を分析し、その成果をモニターしやすくなるよう、2014年3月期の第2四半期決算から、同事業についての情報開示をより充実させていく予定だ。

-PR-企画特集