Fringe81、統計物理学によるオンライン広告予算の最適配分サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Fringe81は8月1日、統計物理学に基づく予算配分アルゴリズムを用いて、コスト効率をウェブ広告全体で最適化する「ボルツマンウェイト分析 広告予算 最適配分サービス」を開始した。

 Fringe81は、オンライン上でユーザーがとる行動が、原子や分子のように、確率的に動いている粒子の状態と似ており、統計物理学の理論で記述可能であることに着目。自然現象をシミュレーションできるボルツマンウェイト理論を導入した、予算配分シミュレーション手法を確立したとしている。

 予算配分アルゴリズムの分析には、Fringe81の第三者配信サービス「digitalice(デジタリス)」を使用。別途ツールがなくとも、ディスプレイ広告の閲覧から発生している検索連動型広告を経由したサイト流入と、自然検索を経由したサイト流入の計測が可能だ。

 従来のウェブマーケティング改善手法のように、インプレッション(imp)、クリック(CL)、クリックスルーレート(CTR)、コンバージョン(CV)などの指標を、広告媒体ごとに調整するのではなく、検索連動広告とディスプレイ広告を縦断して分析、グラフ化して、広告効果を最適にする。

 ボルツマンウェイト理論は、量子力学などの物理理論で、多粒子系のエネルギー状態の統計的「振る舞い」を記述するための理論、分析法。広告効果の状態に対して、コンバージョン数や、消化予算額を対応させるルールを与えることで、「ボルツマン分布」を応用した予算シミュレーションが可能だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加