フォースメディア、最新オーディオコーデックを備えたBluetooth対応FMトランスミッタ

加納恵 (編集部)2013年07月19日 17時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「JF-BTFMAXK」

 フォースメディアは7月19日、Bluetooth対応のFMトランスミッタ「JF-BTFMAXK」を発表した。AACとapt-Xのオーディオコーデックに対応し、高音質伝送を実現するという。発売は7月下旬。店頭想定価格は5980円になる。

 スマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーと本体をBluetoothでワイヤレス接続し、音楽データをFMトランスミッタでカーステレオへと転送する仕組み。FM送信周波数は87.9/88.1/88.3/88.5/88.7/88.9MHzから選択可能だ。

 本体にはUSB端子を備え、対応機器へのUSB給電にも対応。可動式シガープラグを採用し、操作部の角度を変更できる。サイズは直径47.5mm×長さ100.04mmで、重量約30g。通信距離は最大2mになる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加