logo

満を持していよいよ登場--ボーズ初のBluetoothヘッドホン - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特徴的なコントロールモジュールで、有線接続も可能に

 続いてペアリングをする。クイックスタートガイドに日本語はないため一瞬ひるむが、イラストを見ただけでわかってしまう簡便さが魅力だ。コントロールモジュールの電源を入れ、上部にあるマルチファンクションボタンと音量+ボタンを同時に押すとペアリング開始。手持ちのスマートフォンやタブレットのBluetooth機能をONにして、機器認証させるだけで完了する。

  • 電源を入れるとバッテリインジケーターが点灯する。充電状態によって緑やオレンジなどに光る

  • マルチファンクションボタンと音量+ボタンを1秒押すとペアリング開始。本体を置いて押しても同じ操作はできる

  • ペアリング中は紫の点滅→青の点滅から点灯の順で状況を視認可能

  • 筆者のスマートフォン、「XperiaZ」で本製品を検出したところ“ボーズ AE2w”の文字が画面上に表れた

  • スマホ側での操作は検出された“ボーズ AE2w”を選択するだけでOK

 機器操作はマルチファンクションボタンで行なう。1回押すと音楽や動画の再生/停止、2回押すと曲送り、3回押すと曲戻しとなる。着信時は1回押すと着信応答、もう一度押せば終話となる。ハンズフリーとなるため、一度使うとその快適さを実感できる。なお、音楽や動画、通話の受話音量もモジュールの側面で調整可能だ。

 さらに、本製品を特徴付けているのがコントロールモジュールを着脱可能であること。ハウジングを持って、下側に静かに引き抜くと別パーツになる。パソコンでUSB充電する際に、ヘッドホンから外して単体で接続するなど自由に使える。なお、この状態で付属のオーディオケーブルをつなぐと有線のヘッドホンに早変わり。有線で接続した場合でも、本体になじむようデザインされているのもうれしい。充電がなくなったり、Bluetooth非対応機器と接続する際にも便利だ。

  • ヘッドホン本体から取り外しができるコントロールモジュール。リチウムイオンバッテリを内蔵する

  • 充電はパソコンなどにUSB接続することで行なえる。フル充電の目安は最長3時間。動作時間は約7時間だ

  • コントロールモジュールを外せば、付属のオーディオケーブルで有線接続できる。充電が切れた場合などに便利

 上述した以外にも、AE2と異なる点はかなり多い。そのほかの本製品のポイントをおさらいしておこう。Bluetoothを介しても、同社ならではの迫力あふれるサウンドを再現させるための細やかな音作りもその一つ。低音再生技術「TriPort」に独自の「アクティブ・イコライゼーション」を組み合わせることで、有線接続時と遜色のない、豊かな低音や臨場感あふれる音を体感できる。

 また、BluetoothのA2DPプロファイルを利用して、特にiPadとの最適化を実現。ペアリングは最大8台まで可能とし、そのうち2台まで同時に接続できるマルチポイントに対応する。さらに、アップルのiOSデバイスとBluetooth接続した場合には、iOSデバイスに本体のバッテリ残量が表示されるなどの機能も備わっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]