logo

スマートエデュケーション、約7500万円を調達--合計約3億5000万円の増資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートエデュケーションは6月3日、新生銀行系の投資会社である新生企業投資を引受先とする、7532万円の第三者割当増資を5月28日に実施したと発表した。新生企業投資は2012年11月に設立。今回の投資が第1号案件になる。

 2012年12月から三菱UFJキャピタルらを引受先とする、シリーズB・資金調達を進めており、今回の割当増資を含む資金調達の総額は、3億4916万2000円となる。

 スマートエデュケーションは、タブレット端末を使った乳幼児向けの知育アプリの企画や開発、販売を展開している。今回の調達資金で、経営基盤の強化を図るとともに、人材の拡充を進めるとしている。

-PR-企画特集