logo

パナソニック、声が聞き取やすくする「明瞭ボイス」を備えたサウンドバー3機種

加納恵 (編集部)2013年04月02日 18時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは4月2日、テレビと組み合わせて使用できるサウンドバーに、新製品を追加した。ワイヤレスサブウーファを採用した「SC-HTB570」(店頭想定価格:4万5000円前後)と、本体高さ55mmのスリムデザインの「SC-HTB170/HTB65」(同:2万6000円前後/2万円前後)の3機種を揃える。発売は4月26日。

 いずれもBluetoothに対応し、スマートフォンやタブレットからワイヤレスで音楽を再生できる。

  • 「SC-HTB570」

 SC-HTB570は、メインユニット、スピーカ、ワイヤレスサブウーファから構成されるサウンドシステムだ。5.7cmのコーン型ウーファ1つ、2.5cmのセミドームトゥイータ1つ、ピエゾ型スーパートゥイータ1つを内蔵したスピーカ部は、タテ型とヨコ型から設置スタイルが選べる。

 サブウーファは2.4GHzを用いたワイヤレス接続ができ、メインユニットとのケーブル接続が不要。置き場所を選ばず自由な設置が可能だ。メインユニットには、光デジタル音声入力2系統、HDMI入出力各1系統を装備する。

  • 「SC-HTB170/HTB65」

 SC-HTB170/HTB65は、高さ55mmのスリムボディにサブウーファを一体化したサウンドバーだ。5.7cmのコーン型ウーファ1つと2.5cmのセミドームトゥイータ1つに、8cmコーン型ウーファ2つ(HTB65は1つ)を内蔵する。

 独自の音場制御技術を採用した「3Dサラウンド」により奥行き感のある音を再生。急激な音量変化で耳障りな音量アップを抑える「音量オート」機能も備える。

 壁掛け金具が同梱され、壁掛け設置に対応するほか、付属スタンドによる角度調整もできる。HTB170は90/80/30/0度の4段階、HTB65は90/0度の2段階での設置が可能だ。

 3機種すべてで、声の帯域レベルを効果的に上げ、聞こえにくい言葉を聞き取りやすくする「明瞭ボイス」を搭載。効果を4段階で調整できる「明瞭ボイスコントローラ」も装備する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集