logo

グーグルのプライバシー担当ディレクターが退職へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年04月02日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleで製品及びエンジニアリングにおけるプライバシー担当ディレクターを務めるAlma Whitten氏が退職すると報道された。

 Forbesの米国時間4月1日付の報道によると、Whitten氏は同氏のチームに向けて、向こう数カ月以内に退職する意向を明らかにしたという。

 本件について、Googleは米CNETに以下のようにコメントした。

 Whitten氏はGoogleで10年にわたり、われわれの製品の改善とユーザーの保護に尽力した。プライバシーチームやセキュリティチーム、そして他部門も含め、社員全員はユーザーのデータを引き続き安全かつセキュアなものにするために、この難しい作業に取り組んでいくつもりだ。

 Whitten氏は引き継ぎがスムーズに行われるよう、6月一杯は同社にとどまる予定だという。

 なお、Lawrence You氏が製品及びエンジニアリングにおけるプライバシー担当ディレクターとしてWhitten氏の後を継ぐことになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集