logo

パナソニック、「Deep Fit Style」で低域をしっかり再生するヘッドホン

加納恵 (編集部)2013年03月25日 16時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは3月25日、「Deep Fit Style」を採用したインナーイヤータイプのヘッドホン3機種「RP-HJE165/HJC19/TCM19」を発表した。しっかりとした装着感と豊かな低域再生を実現するという。発売は4月12日。

 Deep Fit Styleは、耳の奥でしっかりフィットすることで気密性を高め、低音を強化するロングイヤーピースと、音の出口が鼓膜に近づき低音を伝えるロングポートによって構成される。従来機に比べ約1.3倍長いロングポートを採用し、S、M、Lサイズのイヤピースから自分の耳にあったサイズを選ぶことで、よりしっかりとした装着感が得られるとしている。

 HJE165は、ブラック、ホワイトのほか、ピンク/バイオレット、グリーン/イエロー、ブルー/ピンク、ブルー/レッドといったミックカラーを揃えた密閉型ダイナミック型ヘッドホン。ダクト部は指でつまみやすい「デルタダクト」デザインを採用している。直径9mmのドライバユニットを内蔵する。店頭想定価格は1500円前後。


「RP-HJE165」

 HJC19はiPod/iPhone/iPad専用、TCM19はスマートフォン用のマイク付きリモコンを搭載した密閉型ダイナミック型ヘッドホンだ。マイク付きリモコンでは再生、一時停止のほか、ハンズフリー通話が可能。直径10mmのドライバユニットを内蔵し、高音から低音までバランスの良いクリアな音質を再現するとしている。ボディカラーは両機種ともに、ブルー、ホワイト、レッド、イエロー、ブラック、ピンクの6色展開だ。店頭想定価格はHJC19が3000円前後、TCM19が2500円前後になる。

 いずれの機種もコードの長さは1.2m。コードアジャストホルダーが付属する。


「RP-TCM19(上)/HJC19(下)」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集