KDDI、テレビで動画やアプリが楽しめる「Smart TV Stick」を2月23日に発売

藤井涼 (編集部)2013年02月19日 16時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは2月19日、テレビの大画面で動画や音楽コンテンツを楽しめるスティックタイプの小型セットトップボックス(STB)「Smart TV Stick」と、自宅で録画したテレビ番組を外出中にスマートフォンなどで視聴できるSTB「Remote TV」を2月23日に発売すると発表した。

 全国のauショップ、PiPit、au取扱店、auオンラインショップで販売する予定で、価格はSmart TV Stickが9800円、Remote TVが1万9800円となる。なお、いずれの製品もAndroidスマートフォン向けとなっており、iOS端末への対応は検討中としている。

ビデオパスやうたパスをテレビの大画面で

 Smart TV Stickは、テレビの画面上でYouTubeやニコニコ動画、ビデオパス(3月対応予定)などの映像サービスや、うたパスやLISMO、WAVEなどの音楽サービス、Google Playで提供されている500以上のアプリやゲームなどを楽しめるSTB。auヘッドラインのニュース情報や、ウェザーニュースの天気予報なども確認できるという。

  • 「Smart TV Stick」のホーム画面

  • 付属のリモコンや専用アプリをインストールしたスマートフォンで操作できる

  • HDMIケーブルでテレビ本体に接続する

 ジャイロセンサーを搭載した付属のリモコンや、専用アプリをインストールしたAndroidスマートフォン、タブレットなどで操作する。ネットブラウジングもできるため、たとえば文字入力がしやすいスマートフォンで検索して表示された画面をテレビに出力して閲覧するといった使い方も可能だ。

 利用方法は、Smart TV Stickを付属のHDMIケーブルでテレビ本体にセットするだけ。W-Fi接続する必要があるが、Wi-Fi環境がないユーザーには、auスマートフォンユーザー向けのWi-Fiルータ「HOME SPOT CUBE」を無料で貸出すという。なお、サービスの利用には「au ID」が必要となる。現時点ではアカウント切り替えには未対応。

 KDDIではすでにCATV向けSTB「Smart TV Box」を提供しているが、同製品との棲み分けについて、KDDI 商品統括本部 サービス企画本部 本部長の小林昌宏氏は「Smart TV BoxはCATVの顧客向けだが、Smart TV Stickはauひかりの契約者が中心と考えているため、棲み分けはできる」と説明する。

  • KDDI 商品統括本部 サービス企画本部 本部長の小林昌宏氏

  • Smart TV Stickで利用できるサービス

  • 「Smart TV Box」の違い

録画した番組を外出先のスマホで楽しむ

 Remote TVは、Blu-rayディスクレコーダーで録画したテレビ番組を、スマートフォンなどで視聴できるSTB。自宅のBlu-rayディスクレコーダーに同製品を接続することで、録画した番組や放送中のテレビ番組を外出中にスマートフォンやタブレットなどで視聴できる。

 Blu-rayディスクレコーダーのリモート操作も可能で、チャンネル操作や録画予約、Blu-rayディスクやDVDの再生ができる。3GやLTEなどモバイルテータ通信が利用できる環境であれば視聴可能だが、通信速度によって自動で画質を調整するため、Wi-Fiであればより高画質な動画を楽しめるという。

  • 手のひらサイズのSTB「Remote TV」

  • 録画番組などをスマートフォンで視聴できる

  • Remote TVの概要

 KDDI 商品統括本部 サービス企画本部 マルチアクセス&サービス企画部 ホームネットサービスG グループリーダーの庵原武彦氏は「動画の持ち運びにはかなりニーズがあると思っている」とコメント。一方で、これまではデータ移行に時間がかかったり、類似製品でも初期設定が難しいといった課題があったと説明し、Remote TVであればこれらの問題を解消し「auのスマホユーザーに楽しく簡単に使ってもらえる」と自信を見せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加