logo

東芝、「Lytro」風のスマホ用カメラを開発か--撮影後のピント調節が可能に

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月28日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は、スマートフォン用カメラ市場で戦い抜く準備を進めている。朝日新聞によると、同社は「Lytro」のようなカメラ技術をモバイル端末向けに作成しており、2013年度内に実用化するようだ。

提供: Lytro
東芝は、撮影後にピントを合わせることができるLytroに似たカメラの技術を開発しているようだ。
提供: Lytro

 東芝の技術は、Lytroのライトフィールドカメラによく似ており、ユーザーが撮影後に写真のピントを合わせたい部分を選択できるようだ。また、写真全体にピントを合わせることもできるようになるという。このようなテクノロジはほぼLytroカメラでのみ見受けられ、スマートフォンやタブレットではまだ利用されていない。

 朝日新聞の記事によると、1辺わずか1cmの箱形の東芝のカメラの中では、カメラセンサーの前面に50万個の小型レンズが並んでいるという。このセンサーは、レンズからの異なる画像をすべて捉えることができるという。そして写真の一部や全体など、ユーザーが何にピントを合わせるかを選択できるようになるという。このカメラでは、Lytroもまだ展開していない動画撮影も同様に可能だと考えられる。

 米CNETは東芝にコメントを求めているが、本稿掲載時点で回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集