logo

洗濯機に入れると「服着て歩くだけで空気がきれいになる」液体--英で開発

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年10月01日 08時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 洗濯時に加えるだけで、衣服が大気中の汚染物質を吸収するようになる液体が開発された。

 英国工学物理科学研究会議(EPSRC)の発表によると、「今後わずか2年以内に、着て歩くだけで空気を浄化する服を皆が着るようになるかもしれない」という。

 この液体「CatClo」は今、商品化が進められているところだ。CatCloに含まれる二酸化チタンのナノ粒子が衣服に付着すると、大気中の窒素酸化物に反応して酸化させる仕組みだ。CatCloで処理した服を着た人が1人いれば、1台の乗用車から排出される窒素酸化物に相当する汚染物質を除去することができると試算されている。

 CatCloは、英シェフィールド大学とロンドン・カレッジ・オブ・ファッションの共同プロジェクト「Catalytic Clothing」の成果だ。科学者とファッションデザイナーが集まれば、何か面白いことが起こるとみてほぼ間違いない。


CatCloで処理したジーンズによるオブジェ「Field of Jeans」。CatCloは特にデニムとの愛称が良いという。
提供:Catalytic Clothing

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集