logo

文字変換の精度が高い“人力OCR”メモアプリ「KYBER」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:KYBER(Ver.3.0.2)
金額:無料(2012年9月8日時点)
カテゴリ:ツール
開発:O-RID
使用端末:LYNX 3D SH-03C
おすすめ度:★★★★☆

 スマートフォンのカメラで撮影し、書いた内容を取り込むことができるノートやペンが近頃増えており、文具コーナーを賑わせている。そうした中でも、他のノートやペンと一線を画す機能を備えているのが「KYBER」だ。

KYBERにはいくつかの機能があるが、中心となるのは紙などの文字を読み取って、人力でテキストに変換する機能だ
KYBERにはいくつかの機能があるが、中心となるのは紙などの文字を読み取って、人力でテキストに変換する機能だ

 KYBERの大きな特徴は、ノートに書いたり、ペンで囲んだりした内容を、写真のまま保存するだけでなく、その内容を全てデジタルのテキストに変換してくれる、すなわちOCR機能を備えている点にある。しかもKYBERのOCRは、機械で自動的に文字に変換するのではなく、人が直接アナログの文字を読んで、デジタルの文字に変換する「人力OCR」というべきもの。変換に時間はかかるものの、その分文字変換の精度が非常に高いのだ。

 仕組みは次の通りだ。まずは、専用のノートなどにペンで書いた文字を、専用のアプリを使って撮影する。するとその内容を、歪みなどを補正してスマートフォンの画面ぴったりに収まる形に変換し、さらにデジタル化するためクラウドにアップロードされる。後はノートに書かれた文字を、クラウド側でオペレーターが手作業でテキストに変換。数分程度で変換が終わり、書いた内容がデジタル化されて戻ってくるのである。

 変換したテキストは通常のテキストなので、コピーして貼り付けたり、「共有」メニューから他のアプリで共有したりすることも自由自在。読みにくい文字は誤変換される場合があるほか、2行にまたがった文字や、文字ではないもの(絵文字やイラストなど)は正しく変換されないが、紙に書いた文字を、簡単な操作で正確にデジタルデータに変換できるのは非常に便利だ。

 もっとも、人力という仕組みを採用していることから、KYBERを利用するには料金の支払いが必要になる。具体的には専用のノートやペンを購入することにより、KYBERでデジタル化する権利を購入する形になるのだ。そのため専用のノートの料金なども、他のスマートフォン用ノートより若干高めとなっている。

 しかしながら、手書き文字をテキストに変換する上で、これだけの正確性を実現できるアプリは他に存在しないだろう。紙で書いた文字を、面倒な手間をかけることなく直接テキストにしたいと思ったら、KYBERが大いに役立つはずだ。

  • テキストに変換するには、文具店で専用のノートなどを購入し、デジタル化できる権利を追加する必要がある

  • ノートを購入した後、専用のQRコードを読み取ることでデジタル化の権利を追加できる

  • 権利を追加したら、デジタル化したいメモをカメラで撮影して取り込む

  • 歪みを調節してアップロードすると、人の手によるテキストのデジタル化が実施される

  • 内容にもよるが、数分程度でデジタル化は完了。テキストはコピーしたり、他のアプリで共有したりするなどして、自在に活用できる

>>「KYBER」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集