logo

訴訟でアップルに敗れたサムスン、社内文書で自らの正当性を主張

Don Reisinger (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫2012年08月28日 12時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンの経営陣は従業員に対し、Appleとの争いにおいて最終的には自分たちが正しいことが証明されるだろうと語っている。

 サムスンは全従業員に宛てた社内文書の中で、法廷に出向くよりも「Appleと交渉する」ことを望んでいたが、Appleは交渉に応じなかったと主張している。今や10億ドルを超える賠償金の支払いに直面しているサムスンだが、従業員に対し、同社は特許や意匠に関する法律ではなく消費者に訴えかけることを最優先する企業だと述べている。

 「歴史が示すように、革新の追求ではなく特許や意匠に関する法律のあからさまな悪用を競争の主な手段としながら、消費者の心を捉え、継続的な成長を成し遂げている企業がまだあるはずだ」とサムスンは従業員宛ての文書に記している。

 サムスンは米国時間8月24日、Appleとの歴史的な訴訟で敗北した。陪審員団は、サムスンがAppleの特許および意匠を数多く侵害し、「意図的な侵害行為」に関わったと判断した。また、Appleがサムスンの実用特許を侵害した事実はないとしている。Appleには10億5000万ドルの損害賠償が認められた。

 この判決はAppleの圧勝であり、モバイル市場でAppleに遅れを取るまいとしているサムスンにとっては打撃だ。

 サムスンは、大きな敗北を喫したものの、最終的にはおそらく裁判の場でなく消費者自身によって同社の正しさが証明されると固く信じている。

 サムスンは社内文書の中で、「われわれは、消費者と市場が裁判よりも革新に重きを置く企業の側についてくれると信じており、このことを疑いの余地なく証明するつもりだ」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集