logo

米連邦地裁、「GALAXY Tab」販売差し止め仮処分に対するサムスンの不服申し立てを却下

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年07月03日 16時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Reutersによると、米連邦地方裁判所判事は米国時間7月2日、米国における「GALAXY Tab 10.1」の販売差し止め仮処分に対するサムスンの不服申し立てを却下したという。

 米連邦地方裁判所のLucy Koh判事は先週、多くの人が「iPad」の最有力対抗馬と考えるGALAXY Tab 10.1の販売差し止め仮処分を求めるAppleの申請を認めた。サムスンは、不服申し立てに決着がつくまで販売差し止め仮処分を保留するよう裁判所に求めていた。

 Appleは販売差し止め仮処分を開始するのに必要な260万ドルの供託金を既に支払っているが、それは、米国で同タブレットの販売が即座に差し止められるとは限らない。サムスンは米連邦巡回控訴裁判所にも販売差し止め仮処分に不服を申し立てている。ワシントンDCにあるこの裁判所は、知的財産権をめぐる訴訟を専門に扱っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集