logo

LGとフィリップス、ユニバーサルなスマートTVプラットフォーム開発で提携

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月21日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LGとPhilipsが、テレビ向けアプリのユニバーサルプラットフォーム開発で提携した。両社によると、このシステムは日本のメーカー各社のサポートを得ているという。

 新たに設立された Smart TV Allianceが目指すのは、顧客が複数のテレビでアプリを容易に共有できるようにする単一のプラットフォームを開発し、より多くの開発者に働きかけることだ。

 Smart TV Allianceのプレジデントを務めるLG ElectronicsのBong-seok Kwon氏は、「これまで、スマートテレビ業界は、テレビメーカーとアプリケーション開発者の双方にとって非常に難しい市場だった。なぜなら、さまざまなブランドのテレビが、さまざまなプラットフォームとテクノロジを使っていたからだ」と述べた。

 このシステムは、複数のブランドが参加するものとしては他にある唯一のエコシステムである「Google TV」インターフェースのライバルになるだろう。同インターフェースは現在、苦戦を強いられている。

 Smart TV Allianceは、あらゆるメーカーが利用できるツール群を自らのウェブサイト上で公開する予定で、それによって、複数のブランドにまたがる新しいアプリの開発プロセスが簡素化することを期待している。

 ツール群は2012年末に公開される予定だ。

Smart TV Alliance 提供:LG/Philips

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]