logo

定期的なタスクの周期チェックに便利--iPhoneアプリ「いつだっけメモ Count It !」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「いつだっけメモ Count It !」は、タスクを実施した日付を記録し、今日までの経過日数を表示してくれるアプリだ。繰り返し行なっているタスクの周期を知ることで、実施までの日数が空きすぎるのを防ぐという、カレンダーともタスク管理ツールとも異なるユニークな使い方ができる。

ホーム画面。「会社ブログ更新」「交通費精算」などといったタスクそれぞれに前回実施からの経過日数が表示されている
ホーム画面。「会社ブログ更新」「交通費精算」などといったタスクそれぞれに前回実施からの経過日数が表示されている

 アプリを起動すると、タスク名および前回実施日からの日数が大きく表示されたホーム画面が立ち上がる。プライベートな用途であれば、例えば「散髪に行った日」「カーテンを洗濯した日」といったタスクを登録しておくことで、前回の実施日からどれだけの日数が経過したのかが表示できる。実施したらゼロクリアし、再度日数のカウントを始める。基本的にはこの繰り返しだ。

 ビジネス用途であれば、特定のクライアントに対する定期訪問がおろそかになっていないか、交通費の精算を先延ばしにしていないか、自社ブログの更新をサボっていないか、といったチェックに利用できる。クライアントの創立記念日や担当者の誕生日といった記念日を登録しておき、経過日数が365日になった時点でお祝いを贈る、といった使い方も可能だろう。

 タスクにスターをつけておけば前回からの経過日数をアイコン上でバッヂ表示できるので、特に重要なタスクについてはこの機能を用いることで、アプリを起動させなくてもチェックできる。ほかにあまり類を見ないアプリだけに、今後はアラーム機能の実装や、前回の実施周期を表示できるようにするなど、さらなる高機能化を望みたいところだ。

  • タスクごとに、前回実施した日付を登録しておくことで、経過日数が表示できる

  • タスクを実施したらタップして「カウントをリセット」を選択することで経過日数をゼロクリアできる

  • タスクの新規登録画面。開始日数を0から始めるか、1から始めるかを切り替えることができる

  • これが0日目の状態。星マークがついている項目はホーム画面でのバッヂ表示が可能

  • 3日後の状態。0日後に比べて日数が3日ずつ増えている。間隔が空きすぎていればこの画面でチェックして実行するとよい

  • 設定画面。アイコンバッヂをオンにしておけば、アプリを起動しなくてもホーム画面で経過日数が表示できる。ただしこの機能が利用できるのは1項目のみとなる

>>「いつだっけメモ Count It !」のダウンロードはこちらから

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集