logo

WWDC解説:「グーグル包囲網」を形成するアップルの施策 - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全体から見えてくる「メッセージ」は、Business Insider(BI)が掲載した記事を目にして気付かされた。「THE BOTTOM LINE: Apple Really Is Going To Try To Kill Google」という見出しの記事で、AppleとGoogleとの争いが次の段階に進むとの見方が記されている。

 両社の確執は昨日今日に始まったものではないが、ただし、改めて考えてみると、Appleがこれまで基本的にはAndroid陣営の端末メーカーとしかやり合って来ていなかったことがわかる。ところが、今回発表したさまざまな施策(次に挙げるもの)は、どれもGoogleの経営の根幹にかかわる「検索事業」を脅かすものだとBIは主張している。

  • 新しい地図を使ったローカル検索分野への参入(Yelp、OpenTableとの提携)
  • パーソナルアシスタント機能「Siri」をインターフェースとした新しい形の検索サービス(の提供)
  • 「Google Wallet」と衝突しそうな「Passbook」の投入
  • ウェブ自体の無意味化(注:オープンなウェブに対する、アプリ中心のアプローチのことか?)
  • Googleの天敵であるFacebookとの握手

 無論、Googleが検索広告市場で築き上げた牙城(国によっては8割程度の市場シェアを押さえる例も)が今日明日に崩れ始める、ということにはならないだろう。ましてや、同社がAppleの例にならい、ハードウェアまで組み込んだプラットフォームとしての取り組みに、いっそう力を入れてきていることを考え合わせれば、両社の争いにそう簡単に決着がつくとは思えない。

 けれども、ひとつはっきりいえそうなのは、各社の争う主戦場が新しい土俵に変わってきている——デバイスでいえば、PCからモバイルへという流れであり、また地域でいえば、これからはいよいよ中国本土へということになろう。Appleが基調講演のなかで、中国市場への取り組み強化をわざわざ2度もアピールしていたのは印象的だ——そうした流れのなかでは、Googleがこれまで築いた「城郭」や「堀割」も決して盤石とはいえない……。

 そんな考えが思い浮かんだアップルの発表であった。

追記1.
なお、今回は過去になかったほどの新製品ラッシュで、大はMac Proの改訂から、小はiPad用の新型Smart Coverまでが、それとなく発表されていた。ふだんなら「Apple、怒濤の新製品・新サービス発表!!」みたいなタイトルがつくところかもしれない。

追記2.
WWDC基調講演後のAppleの株価は-1.58%で時間内の取引を終了した。Dow Jonesが-1.14%、Nasdaqが-1.70%だったことを考えると、発表内容はほぼ織り込み済みだったというところか。ちなみに、Googleの株価は-2.06%、Microsoftの株価も-2.55%となっていた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]