logo

Discovery Communications、ウェブビデオのRevision3買収を発表

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一2012年05月04日 11時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Discovery Communicationsが米国時間5月3日、ウェブビデオのRevision3を買収すると発表した

 契約に基づいてRevision3はこれまでの経営体制で存続する、と両社は述べているが、Revision3の動画コンテンツがDiscoveryのテレビチャンネルに加わるのかどうか、加わるとすればいつ頃かという点について、詳細は明らかにされていない。

 Discoveryの最高デジタル責任者JB Perrette氏は声明で、「視聴者の好奇心を掻き立てるという使命を掲げ、ケーブルテレビ、HD、3Dへと新たなプラットフォームで開発を続けてきた歴史から、当社は、デジタルビデオの成長という爆発的な新しい波が押し寄せるなかで必然的にリーダーとなっている」と述べた。

 Revision3の共同創設者で最高経営責任者(CEO)のJim Louderback氏は、「われわれはDiscoveryのネットワークの大ファンであり、ウェブベースの独創的な動画の未来を協力して切り開くのに、Discovery以上に適切な企業は思い浮かばなかった」と語っている。

 6月1日までに手続きを終える見通しとなっている契約の詳細は明らかにされなかったが、AllThingsDによると、買収金額は3000万ドル台だという。

 Revision3は、Digg.comで有名なKevin Rose氏とJay Adelson氏が、TechTVで働いたことのあるDavid Prager氏およびJim Louderback氏とともに創設し、2005年に登場した。同社はこれまで財務情報を公表してこなかったが、27のチャンネルを提供し、月間ユニーク視聴者数が2300万人を超えていることを明らかにしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集