logo

厚さ5mmの手のひら静脈認証センサ--富士通研究所、タブレット端末へ内蔵可能に

坂本純子 (編集部)2012年05月01日 14時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通研究所は5月1日、タブレット端末に内蔵できる超小型手のひら静脈認証センサを開発したと発表した。

 厚さは5mmで、2011年5月に製品出荷したセンサに比べると、同等の認証性能を維持したまま厚さは2分の1以下、容積で80%減を実現したという。これにより、薄型化が進むタブレット端末やスレートPCなどのモバイル機器にも容易に組み込めるとしている。

 従来、高い認証性能と操作性を備えた手のひら静脈認証センサには、受光面積の大きな高性能イメージセンサが必要なことから、A4サイズのノートPCへの内蔵が限界だったという。また小型・薄型化しても、従来の手のひら静脈センサで撮影した画像と差が生じると従来の認証データとの互換性が保てなくなるため、システム構築時に制約が生じるという課題があったという。

 今回、イメージセンサなどの光学系部品を新たに設計することで、受光面積の小さい小型イメージセンサを採用した場合でも、従来と同等の認証性能を実現。さらに従来の認証データとの互換性を保つため、シミュレーションを重ねることで小型・薄型化した場合でも従来と同等の画角を得る低歪広角レンズと、均一な照度分布を実現する拡散照明系を開発したとしている。

 富士通研究所では、実用化に向けてさらに研究開発し、小型機器への組込み用として早期の実用化を目指すとしている。


開発した光学系の特徴

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集