logo

「働き続ける女性が増えてほしい!」日本マイクロソフトがIT系女子会 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このスピーチを聞いた後で、各テーブル10人前後の参加者が自己紹介した上で、自分の働く環境についてディスカッションが行われた。

 自己紹介を聞いてみると、一口に「IT系女子」といっても働く環境はさまざま。大手システム開発会社に所属する人もいれば、サービス提供会社で働く女性、自身で起業しAndroid用アプリの開発会社を経営する参加者や、海外から日本に来て働いている女性もいる。

女性向けということで用意されたケーキ 女性向けということで用意されたケーキ

 ただし、いずれの職場でも女性比率は少なく、多いところでも3割程度、「部署で女性は自分一人だけ」との声もあった。

 石原氏のスピーチを聞いてのディスカッションでは「“挙手なきところにプロモーションはこない”という項目があったが、女性は男性よりも職場の中で目立つし、注目されやすい部分もあるのではないか」という意見があった。女性だからこそ、あえて挙手しなくても注目が集まる場面もあるようだ。

 一方で「自分が働いているのは、測量に絡んだシステム開発の会社のため、泥臭い仕事が多い。自分が現場に出たいと望んでも、女性を現場に送り出すことをためらう空気が職場にある。やりたいといっても、実現はなかなか難しい」という声もあった。また「挙手すると男性社員よりも、他の女性社員から冷ややかに見られる傾向にある」という本音の声も挙がった。

 自分のキャリアプロジェクトについて「若い頃は筏型で、年をとってからは登山スタイルで、という話は深く頷ける」といった実感の声も挙がった。

 さらにマイクロソフトのテクノロジーを学ぶ「Windows女子会」、Windows Azureの女性ユーザー会「Japan Windows Azure User Group」など女性IT技術者が参加することができるコミュニティも紹介された。

今回の女性向けスペシャルセッションを主催した皆さん
今回の女性向けスペシャルセッションを主催した皆さん

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]