logo

カレンダーへの入力作業を簡略化できるテンプレート作成アプリ--「CalAdd」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CalAddは、同じ予定を何度もカレンダーに登録する手間を省くために、登録内容のテンプレートをあらかじめ作っておくためのアプリだ。あまりにも機能がシンプルで説明の必要もないほどなのだが、そのシンプルさで「カレンダーに予定を登録するのに時間がかかる」という紙の手帳に劣る点を見事に払拭してくれる。

  • テンプレート一覧。ボタン類はこの画面にある3つのみ。非常にシンプルだ

 カレンダーに登録する内容というのは、よく見ると、定期的に発生する「ミーティング」であったり、相手は異なれど内容が同じ「○○社○○様訪問」であったり、定型の予定が多いものだ。そういった、毎回同じような入力を繰り返している予定の法則を見つけて、それをテンプレート化することにより、カレンダーへの予定の登録を大幅に楽にできる。また、テンプレートで素早く予定を入力できると、予定の入力にもたもたしている間、相手を待たせてしまうようなこともなくなる。

 操作方法は簡単で、画面右上の「+」ボタンをタップして、予定を入力するだけだ。タイトル、日時、場所などの情報だけでなく、登録先のカレンダーも指定しておくことができるので、複数のカレンダーを使い分けている場合でも問題ない。このようにして作成したテンプレートは、「Edit」ボタンをタップすれば、いつでも編集することができる。テンプレートの並べ替えもできるので、よく使うテンプレートを上方に置いておくと、入力時に画面をスクロールする手間が省ける。

  • テンプレートの入力画面。時間やカレンダーの種類まで登録しておくことができる

 テンプレートを使用する際は、目的のテンプレートタップすればよい。予定の登録画面が表示されるので、必要に応じて内容を編集して、「Done」ボタンをタップすると予定が登録される。テンプレートが多くなって、探しにくい場合は、検索機能が使える。インクリメンタルサーチに対応しているため、1文字入力するたびに該当するテンプレートが絞り込まれる。これにより、検索の手間も最小限に抑えられている。

 予定を登録することに特化しているため、カレンダーの機能はないが「Upcoming Events」をタップすれば今後の予定が表示されるので、直近の予定が空いているかどうかを素早く確認してサッと予定を入力する、という流れをスムーズに行える。カレンダーを使い込んでいるユーザーほど、この手軽さにちょっとした感動を覚えるのではないだろうか。

  • テンプレートの編集、削除、並べ替えを行うことができる

  • テンプレートのインクリメタルサーチ。1文字から検索が開始される

  • 今後の予定を確認できる「Upcoming Events」画面。カレンダー形式ではないが、直近の予定を簡単に確認可能

>>CalAddのダウンロードはこちらから

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]