logo

Xperiaと連携--約1.3インチの有機EL搭載、防滴・防キズ対応のミニ端末

坂本純子 (編集部)2012年04月03日 16時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーモバイルコミュニケーションズは4月3日、スマートフォン「Xperiaシリーズ」と連携し、リアルタイムでの情報の確認や簡単なメッセージの発信などが行えるミニ端末「SmartWatch MN2」を販売すると発表した。

 オンラインショップ「Sony Ericsson Store」限定で4月10日から発売する。「Sony Ericsson mini S51SE」以外のAndroid 2 2.3以降のXperiaシリーズに対応。価格は9480円だ。

 SmartWatch MN2は、2011年に日本で発売した「LiveView MN800」の後継機で、第2世代モデルとなる。

 全画面タッチパネル対応で約1.3インチのフラットなOLED(有機EL)ディスプレイを搭載している。防滴/防キズに対応し、ボディ周囲には高級感のあるアルミニウム素材を使用。BluetoothによりXperiaと連携し、着信やSMS情報をリアルタイムで確認できるほか、事前設定した文章をSMSで返信することやTwitterのリツイート、またFacebookの「いいね」ボタンなど、簡単な情報を発信できる。

 なお、「Xperia NX」および「Xperia acro HD」の購入者には5月31日まで6980円で購入できるキャンペーンも開催する。また、NTTドコモとKDDIの携帯電話料金と合算した決済サービスにより、支払い方法を選択できる。


「SmartWatch MN2」

-PR-企画特集