logo

ドコモ、国内外メーカー5社との合弁契約を解消--準備会社も精算

藤井涼 (編集部)2012年04月02日 16時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは4月2日、国内外のメーカー5社との合弁契約を解消したことを発表した。2011年12月に、富士通、富士通セミコンダクター、日本電気(NEC)、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、サムスン電子の5社と、通信機器向け半導体の開発・販売を行う合弁会社設立を目的とした契約を締結していたが、目標とする2012年3月末日までに、当事者間で最終合意に至らなかっためとしている。

 合弁契約の解消についてドコモは、「クロージングの条件に関連した契約において、ビジネススキームの詳細等で各社の考え方に違いがあり、それを解消できなかった。合弁契約の解消にともない、ドコモで設立した準備会社も精算することになった」と説明している。

 ドコモは2012年1月中旬に出資金4億5000万円(ドコモが100%出資)の準備会社「通信プラットフォーム企画」を設立していたが、契約解消にともない6月を目処に同社を清算する。通信機器向け半導体の開発については「今後も改めて検討していく。まだ具体的に決まっているわけではないが、さまざまな可能性を関連企業と検討していく」(ドコモ)としている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集