logo

CIOとITマネージャーの課題を解決する「ZDNet Japan」がリニューアル

ZDNet Japan Staff2012年04月02日 14時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 朝日インタラクティブは4月2日、CIOとITマネージャーの課題を解決するオンラインメディア「ZDNet Japan」をリニューアルした。

 リニューアル後のZDNet Japanは、CIO(最高情報責任者、IT担当役員)やITマネージャー向けコンテンツのさらなる拡充を図る。また、読者の利便性をより強化するために、新機能「あとで読む」を追加するとともに、ソーシャルメディアとの連携強化や、トップページを中心としたデザインのリフレッシュを実施した。

リニューアルしたZDNet Japan リニューアルしたZDNet Japan
※クリックで拡大画像を表示

IT部門による価値創造のヒントを得る--トップインタビュー

 リニューアル後のZDNet Japanでは、ITを企業経営にどのように活用するかを読み解く「トップインタビュー」を新たに開設。CIOを含む各社経営陣のインタビューを中心にした「トップインタビュー」では、ビジネス課題の解決や価値創造のヒント、克服した経営課題をわかりやすく紹介する。

気になる記事を「あとで読む」新機能を追加

新機能「あとで読む」
新機能「あとで読む」

 多忙を極めるビジネスパーソンのために、ZDNet Japanのコンテンツを「あとで読む」ことができる新機能を追加。各記事に表示される「あとで読む」ボタンから、記事を(1)クリップ、(2)メールで送信、(3)ダウンロードすることが可能になった。CNET_IDに会員登録することで、これらのサービスを利用できる。

 読者は記事をクリップすることで、それぞれのCNET_IDユーザーがZDNet Japan内に持つ「マイページ」に記事を蓄積し、ブックマークのように利用することが可能になる。また、メール送信とダウンロードでは多彩なファイル形式に対応。テキスト形式とHTML形式、EPUB(電子書籍フォーマット)形式から選択可能だ。

 また、「マイページ」ではホワイトペーパーのダウンロード履歴を確認することも可能。

ソーシャルメディアとの連携を強化、デザインをリフレッシュ

 ZDNet JapanではこれまでもTwitterFacebookページを中心にソーシャルメディアで情報を発信してきた。

 今回のリニューアルでは各ページに、Twitterの共有ボタン、Facebookの「いいね!」ボタン、Google+の「+1」ボタンを配置。読者はより簡単に情報を発信できるようになるとともに、他の読者の多様な言論を素早く把握できるようになった。

 また、リニューアルにあたってトップページを中心にデザインをリフレッシュ。グローバルナビゲーションの下に全チャネルを表示することで、読者は興味・関心を持つ領域にに素早くたどりつけるようになった。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]