logo

「FinePix」新製品2モデル--スマホ送信やフェイスレタッチなど搭載

エースラッシュ2012年02月01日 18時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは2月1日、デジタルカメラの新機種として光学20倍ズーム搭載の「FinePix F770EXR」とタッチパネル採用の「FinePix Z1000EXR」を2月18日から発売すると発表した。

写真1 FinePix F770EXR(ブラック)

 FinePix F770EXRは、35mmフィルム換算で25~500mm相当の光学20倍ズームを搭載。撮像素子には有効画素数1600万画素の裏面照射型「EXR CMOSセンサー」を搭載。デジタルズーム時も約40倍まで鮮明に撮影ができるほか、高感度撮影時(ISO3200以上)のノイズを従来モデルの「FinePix F600EXR」と比べて約30%低減している。

 三脚を使った夜景撮影など103パターンから撮影設定を自動で最適化する「プレミアムEXR AUTO」、被写体が横や下を向いても顔にピントを合わせたまま撮影できる「顔追尾オートフォーカス(AF)」、2回の2D撮影を合成することで3D画像が作成できる「3D2回撮り」機能なども搭載している。サイズは高さ63.3mm×幅105.1mm×奥行き36.0mm、重量は約234g(付属バッテリ、メモリーカード含む)。カラーバリエーションはブラック、レッド、ホワイト、シャンパンゴールドの4種類で、市場想定価格は4万円前後になる見込みだ。

写真2 FinePix Z1000EXR(ジェイドグリーン)

 FinePix Z1000EXRは、直感的に操作できる3.5型ワイドのタッチパネル液晶や光学5倍ズームを備えたモデル。高速赤外線通信機能に加え、無線LAN経由でスマートフォンやタブレット端末に画像を送信できる「スマートフォン送信機能」を新採用。スマートフォン側に無料の専用アプリ「FUJIFILM Photo Receiver」を入れておけば、簡単に高画質の画像を受け取れるほか、画像をFacebookやmixiなどのSNSサイトへアップロードすることもできる。

 肌の明るさやなめらかさ、目の大きさを撮影後に調節して楽しめる「フェイスレタッチ」機能、ツーショット撮影や自分撮りなどに便利なボディ前面レンズ脇の「自分撮りミラー」も新たに搭載している。サイズは高さ59.7mm×幅102.1mm×奥行き18.3mm、重量は約157g(付属バッテリ、メモリーカード含む)。カラーバリエーションはピンク、ジェイドグリーン、シャンパンゴールド、ホワイトの4種類で、市場想定価格は3万円前後となっている。

-PR-企画特集