logo

S・ジョブズ氏夫人、ディズニー取締役職を継承せず

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫2012年01月23日 11時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Walt Disney Companyは、2012年3月に株主総会を開いて取締役の再任投票を行う予定だが、故Steve Jobs氏の妻や信託の代表者が候補者名簿に載ることはないと、Reutersが報じている。Jobs氏の信託はDisneyの筆頭株主であるという事実にもかかわらずだ。

 Jobs氏は、Pixar Animation Studiosを2006年にDisneyへ売却して以来Disneyの取締役を務めており、同社の筆頭株主でもあった。Jobs氏はDisneyのデジタル時代への移行を支えてきたと、Reutersは伝えている。

 Disneyが米国時間1月20日に提出したとしてReutersが引用している委任状によると、Steven P. Jobs TrustはDisneyの普通株の7.7%にあたる約1億3730万株を保有しているという。この委任状にはまた、Jobs氏が自ら要望していた通り、Disneyの取締役としての報酬を一切受け取らなかった旨も記されている。

 Disneyは委任状の提出に際して、現在の取締役11人のうち10人が再任のための投票に臨む予定だと述べており、この中にはFacebookの最高執行責任者(COO)であるSheryl Sandberg氏やDisneyの最高経営責任者(CEO)であるRobert Iger氏が含まれる。取締役会会長を務めるJohn Pepper Jr.氏は、2012年3月13日に予定されている年次総会で取締役を辞任する意向を2011年に明らかにした。会長職はIger氏が引き継ぐとみられている。

Steve Jobs氏(中央)とPixar幹部のEd Catmull氏(左)とJohn Lasseter氏
Steve Jobs氏(中央)とPixar幹部のEd Catmull氏(左)とJohn Lasseter氏
提供:Pixar

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集