iOS端末のデータ利用量、「iTunes」と「App Store」で13%--Onavo調査

Marguerite Reardon (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年09月27日 12時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS」デバイス向けデータ利用量追跡アプリを提供するOnavoは、米国内でこのアプリをダウンロードした「iPhone」と「iPad」の匿名ユーザーから集めた8テラバイトのデータ利用量を月単位で分析したレポートを公表した。それによると、Appleの「iTunes」と「App Store」での検索とダウンロードがデータ利用の13%を占めるという。

 最も利用量が多いのはビデオや音声のストリーミングで、データ利用量の35.3%を占めている。ウェブの閲覧が17.1%で2番目に多く、iTunesとApp Storeでの検索とダウンロードがそれに続いている。

 「Google Maps」の利用は8.3%、電子メールの利用は4.0%となり、Facebookに関しては2.8%しか消費されていない。VoIPや「YouTube」の利用は1%未満となっている。

iOSデバイスにおいてデータ利用が最も多いアプリに関するOnavoの調査結果
iOSデバイスにおいてデータ利用が最も多いアプリに関するOnavoの調査結果
提供:Onavo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加